Welocome to IMS-TR!

 はじめに

 創薬の一端を担う医療機関において、臨床研究の推進はとても重要な使命であり、臨床研究の活性化には、最も有効な治療法を明らかにするEBMの為の「医師主導治験」を実施する必要があります。その方策の一つとして、「既存医薬品の適応拡大を目指した臨床研究」があり、医師主導治験を実施することにより医療上の必要性の高い医薬品の適応拡大が可能になります。トランスレーショナルリサーチ事業の短期的な戦略として、承認医薬品の適応外使用および新規適応に関する医師主導治験を推進し適応拡大の申請を目指します。そして将来的(中長期)には、未承認医薬品の国内導入や基礎研究で得られた成果シーズを基に臨床研究を推進し、産業化に結びつける橋渡し研究により医療に貢献していくことを目的とします。このような観点から、東京医科大学においてトランスレーショナルリサーチを積極的に推進する基盤構築を進めてまいります。

 

東京医科大学   

医学総合研究所  

所長 西岡 久寿樹